アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
榊邦彦's Official Blog
ブログ紹介
作家 榊邦彦の公式ブログ

  • 公式ウエブサイトも随時更新中
  •  榊邦彦's OFFICIAL WEBSITE

  • ご連絡・メッセージ等はこちらへ↓
  •  Mail to Sakaki Kunihiko


    zoom RSS

    国会中継と吉原紹介

    2017/07/24 20:30
    本日、国会中継を生中継で見ました。
    コマーシャルで遮られるのが嫌だったので、NHKテレビでの視聴です。

    実は、国会中継同様に驚いてしまったのは、中継終了後、そのままNHKからチャンネルを変えずに見ていたところ、3時10分から始まった「TOKYOディープ」という番組です。
    「ブラタモリ」風に、土地の歴史や文化を深掘りしていくモチーフなのですが、今回、取材されていたのは「吉原」でした。副題は「吉原エロおしゃれ土産」となっていました。

    30分の番組内では、江戸時代に参勤交代の武士統制の役目を担ったところから始まり、戦時中の出征兵士の思い出作りの場としての役割やら、文化・芸術の発信地としての意義やらを、分析・紹介していました。現在の土地の様子も描かれていましたが、古風な味わいと人情の残った「江戸情緒を残した懐古的な街」として紹介されていました。そして現在、「吉原大好き女子」が、ポップな感覚で吉原を訪れているような様子も取り上げていました。
    もちろん、それらを、否定するつもりは一切ありません。一面ではすべて真実かと思います。

    現代文やら古文やら、あれこれ器用貧乏に渡り歩いている僕ですが、実は、専門は江戸文学です。遊郭の話やら遊女の話やら、そういった分野もあれこれ取り扱ってきました。
    そんな中で思うこと、と同時に、物書きとしても思うことですが、文学・言葉というのは、なんとも曲者で、場合によっては本質の暗さを「隠蔽」してしまうことがあります。(意図したか意図しないかとかは問題ではなく、結果としての「隠蔽」)。江戸時代の「粋」という概念も、心底の欲望を体よく美化する装置としての役割もあると思います。
    人間の欲望の薄暗さ、いたたまれなさ、やりきれなさ、残酷さ……それを、どこかに感じさせつつも、文章としての「粋な芸」に仕上げるというのは、たいへん難しい作業です。
    下手をすれば、「美化」「隠蔽」に加担する文章になりかねません。

    ということで、本日の「東京ディープ」ですが、そこで利用されていた「言葉」「文章」「映像」は、吉原の歴史や文化の発信地としての役割などを、大変よく語っていたと思います。しかし、一番、本質的な「性産業」としての意味合いについては、深く言及されることはなかったと思います。
    戦時中の役割として、「必要悪」として語られる場面がわずかにありましたが、それも、親心(親が若くして出征する息子の女性経験の場として必要とした)の一つとして、語られていました。
    吉原に長く住んでいらっしゃる女性の方が「自分自身、女性ですので、今から思うと、それはどうかとは思いますが」というようなコメントをつけていらっしゃいましたが、その思いを深く辿ることはできていたでしょうか。

    夏休みです。
    若い女子中学生や女子高校生が、「花魁って素敵」って、何もわからずに、あこがれるようなこともあるかと思います。

    以前、「従軍慰安婦は、看護婦さんのような人だと思っていた。もしくは歌手とか役者さんとか」と勘違いしていた女性と話したことがあります。日常的に使われる「慰安旅行」というような言葉の延長で考えるなら、むしろ彼女の勘違いは当然なことです。

    本日の番組からは、同様な、言語による「結果としての隠蔽」を感じました。

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    参道の広場がライトアップされました。

    2017/06/28 07:40
    自宅のすぐそばに、神社の参道を利用した広場があります。

    穏やかな雰囲気で、のんびりと出来る素敵な空間で、気候の良いときには、ベンチで読書したりもするのですが、先日から、大変なライトアップが施されました。

    まあ、きれいっちゃ、きれいなんですが……

    竹蝋燭を何百本と立ててライトアップしたときもあり、正直、そちらの方が、和風でよかったというのが正直な感想・・・・。

    画像


    画像


    画像


    画像


    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    『大学受験勉強法 受かるのはどっち』で取り上げられました。

    2017/06/20 18:49
    『大学受験勉強法 受かるのはどっち?』笠見未央(KADOKAWA)という書籍の中で、
    『現代文標準問題精講』が紹介されていました。
    少し長くなりますが、引用させていただきます。太赤字は、原文でも太赤字になっている部分です。

    「……難関高校生の飢えた知的好奇心に応える授業を、紙面に再現している。十代の知性を満腹にする、前例のない参考書である。
     神田は小説家としても活躍しており、その経験から、書き手のクセを読んで丸裸にし、正確な読解に近づける。たとえば神田は、文章の書き手は強調したい部分に思わず『のだ』とつけてしまうと指摘する。私も文章を書くとき、声を大にして言いたい文に『のだ』をつけるクセがある。バカボンのパパみたいで困るのだが。
     私は、現代文に強くなるには読書が必要だと説いた。 『現代文標準問題精講』を読めば、何十冊の本を読むより濃い『読書』ができ、爆発的に伸びるきっかけを与えてくれる気がする。
     現代文のできる生徒は『頭がいい』とされる。正解を導き出すには、問題の『強度』を察知する能力がある。表面的読解で解答可能なのか、それとも深く読み込まねばならないのか、柔軟な状況判断能力が試される。コンピュータが到達しづらい、極めて高度な能力である。
    『現代文標準問題精講』を読めば、論述とか選択肢とか問題形式を超えた、現代文の底力がつく。なにより、この本は楽しい。」

    有難うございます。
    赤字部分にしてくださった部分も、有難い限りですが、最後の一文が、「なにより、嬉しい」です。

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    キャリア教育のお手伝い

    2017/06/18 15:40
    6月17日は、早稲田高等学校高1学年にお招きされ、キャリア教育の一環として、
    お話をしてきました。
    15人×1時間×2回のお話。

    「神は細部に宿る」「文学は飢えた子どもに有効か」などなど、
    あれこれ、お話してきました。

    集まった高校生の皆さんが、進路を考えるほんの小さなお手伝いになれたらよかったのですが……

    勢い余って、少々、時間オーバー。
    会の後の先生方とのお話も含め、とても楽しく濃密な時間でした。

    画像


    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    映画『メッセージ』を観てきました

    2017/05/29 17:55
    話題の映画『メッセージ』観てきました。

    知人の読書家が、原作の『あなたの人生の物語』を絶賛していたことがきっかけです。まずは、原作を読了。(短編集ですが、どの作品も素晴らしい出来です。

    ネタバレになるので、『あなたの人生の物語』も『メッセージ』も、詳しい話は書きませんが、感想もどきを少しだけ。
    原作と映画では、かなり内容違います。しかし、よくここまで、原作のポイントを抑えつつ、しっかりと映像化したものだと思います。難解なイメージに対して、陳腐な解釈を加えるのではなく、難解さは難解なままに、しかし映像とストーリーとに具体的に還元して、原作の世界観を伝えています。そういう点では、忠実な映画化とも言えます。原作を大切に、しかし、原作を超える、というお手本のような出来で、見事です。
    映画体験という点でも、今までの指折りの一本でした。

    ただ、好き嫌いは強烈に分かれるかも。
    原作を読んでから行くかどうかは、どっちもアリかと。原作を読んだ上でも、映画は十分、楽しめました。原作を読んでからの方が、分りやすいとも言えます。ただ、読まないで観に行って絶賛している人もいるので、読まないでも、もちろん大丈夫です。
    あの世界観を、もう一度、かみしめて、これからの日々に、何かを加えたいと思います。

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    マッチ棒クイズ「1661」→「0」

    2017/05/03 19:38
    リンク先にある「『6-3=9』を成立させなさい。」

    http://rushmagazine.org/u2447_a170502212841/

    というマッチ棒クイズが無事とけたので、なんだか懐かしくなって、以前、作成して、生徒に出題したマッチ棒クイズを紹介します。(マッチ棒って今、ないよなあ…)

    「1661」に配列されたマッチ棒を、二本だけ動かして、「0」の値を示すようにするものです。いかかでしょう?

    画像


    答えは、ずっと下の方に記しました。スクロールしてみてください。

























































    画像


    「log1=0」ですが、高校生以上限定ですね。ごめんなさい・・・

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    縦書きと横書き

    2017/04/30 20:53
    以下、思いっきり、短縮バージョンですが……

    日本語は縦書きに向いているということを、ときどきお話することがあります。
    書く場合や読む場合に応じて、いくつかの観点を話すのですが、その中の一つで、「人間の視野は横長であるので、横書きにした方が、速く読めるようにも思うが、表意文字中心の日本語は、縦書きで充分に情報が示されている。横書きにすると情報過多となる」ということを説明します。ただ、この観点、いつも感覚的には説明できても、具体的にぴたっと説明しきれていないような気がしていました。

    26文字のレパートリーで、物事を表記する英語に比べて、漢字も含めれば無数の文字レパートリーを持つ日本語は、当然、平均的に少ない文字数で物事を表現できるはずです。そのことを、一つ、二つの例ではなく、恣意的選択に陥らずに、うまく平均的に見渡せるような例がないかなあと思っていたのですが……

    つい最近、勤務校の運動会の組み分けで使われている「八つの色」というのに思い至りました。(いったい何年かかるんだ! 当然、日本語と英語の色が同じかどうかは疑問ですが、そのあたりは深入りせず、ひとまず、一対一対応ということにします。)

    紫:purple 6文字
    白:white 5文字
    青:blue 4文字
    緑:green 5文字
    橙:orange 6文字
    黄:yellow 6文字
    赤:red 3文字
    黒:black 5文字

    ということで、上記を平均すると、日本語平均1文字に対して、英語平均5文字となります。
    半角英数ということを考えあわせれば、日本語と英語とでは、同じことを表現するのに必要な横幅は、1対2.5となるわけです。つまり日本語を、英語同様に横書きにすると、英語の2.5倍の情報量が、視野の中に入るということになります。

    また、日本語の文字は、縦横1対1ですから、例えば、日本語の「緑」を縦書きにした場合と、英語の「green」を横書きにした場合との、縦幅:横幅の比は、「縦1対横2.5」となるわけですね。実は、これ、ほぼ人間の視野の縦横比かと思われます。
    (縦横比については、一説には、「水平約200度、垂直約125度」という報告もあるようですが、個人的には、映画のスクリーンが、需要と供給と経験から出来上がったいい比率なのではないかと思います。20世紀FOX開発の縦横比は、1対2.35です!)

    ということで、こんな感じになるでしょうか?

    他の観点は、またいずれ。
    画像
    記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


    続きを見る

    トップへ

    月別リンク

    榊邦彦's BOOKS

       画像
       『100万分の1の恋人』
          (新潮文庫)

    電子書籍にもなっています
      電子書籍『100万分の1の恋人』


      画像
    『もう、さよならは言わない』
          (新潮社)

    電書書籍にもなっています電子書籍『もう、さよならは言わない』

       画像
       『100万分の1の恋人』
          (新潮社)

    電子書籍にもなっています
      電子書籍『100万分の1の恋人』


       画像
      『現代文標準問題精講』
          (旺文社)


       画像
     『ミラクル古文単語396』
          (旺文社)

    電子書籍にもなっています
      電子書籍『ミラクル古文単語396』


       画像
      『超スゴ速古典文法50』
          (旺文社)

    電子書籍にもなっています
      電子書籍『超スゴ速古典文法50』


       画像
      『中学総合的研究国語』
         (旺文社 共著)


       画像
      『中学総合的研究国語問題集』
         (旺文社 共著)
    榊邦彦's Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる