アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
榊邦彦's Official Blog
ブログ紹介
作家 榊邦彦の公式ブログ

  • 公式ウエブサイトも随時更新中
  •  榊邦彦's OFFICIAL WEBSITE

  • ご連絡・メッセージ等はこちらへ↓
  •  Mail to Sakaki Kunihiko


    zoom RSS

    花いかだ

    2018/04/01 08:55
    小さい頃から、よく遊びに行った近所の公園。

    さいたま屈指のお花見の名所ですが、花見客から少し離れた静かな場所で、こんな景色を見つけました。

    「花いかだ」というそうです。

    画像

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    電車の中でのチームプレイ。有難うございました。

    2018/03/03 00:16
    先日の電車の中でのこと。

    立った状態で、眼鏡をかけようとしたら、眼鏡のレンズがぽろっと落ちて、前の席に座った人の足元奥に転がっていった気配……。

    しゃがんで探してみたのですが、どうも見当たりません。

    うーん。もちろん大切なレンズなのですが、満員電車の中で探しにくいし、終点で降りるから、そのときにがっつり探すしかないかなあと思っていたら、隣に立っていた女性が、

    「何か、落とされたのですか?」
    と声をかけてくれた。

    「ええ、眼鏡のレンズを……」
    「それは大変ですね」
     女性も屈んで探しはじめてくれる。座席の男性は探しやすいように立ち上がってくれました。
     加えて、その隣席の女性が手元の携帯のライトをつけて、足元奥を照らしてくれています。
     なんだか、突然のチームプレイが始まりました。

    「あ、あった」
    ライトに照らされた座席の奥の奥に、眼鏡のレンズが光っていました。

    「ありがとうございます。ありました」
     喜んでいると、席を立った男性が、なぜか、そのまま僕に席まで譲ってくれました。

    「皆さん、ありがとうございます」

    繰り返した後に、「ブログに書きます」というのは、飲み込みましたが、書いています。

    記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


    雪夜の参道と雪景色の朝

    2018/01/23 15:52
    都心の雪、凄かったですね。

    自宅のあるさいたまも驚くほど積もりました。

    自宅近くの参道の様子です。

    画像


    そして、一面雪景色となった朝の様子。

    画像


    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    37年前の二枚の写真

    2017/12/26 09:39
    先日、高校の同級生より、当時の運動会の写真が届いた。

    台の上でマイクの前に立っている偉そうなのが僕。

    自分のアルバムにはなかった写真だったので、えらく嬉しかったのだが、よく見ると、僕の向こうに、

    薄紫のシャツに紫色のベストを着てサングラスをかけたオバさんが、カメラを構えている。

    画像


    「あ、アッコ」

    五年前に亡くなった生母だ。(アキコ・カンダというダンサーだったので、僕は「アッコ」と呼んでいた。)

    僕のことを育てもしなかった生母だが、こんな大胆なところで、わき目もふらずにカメラを構えているではないか。
    (当時の僕は、「紫組」所属だったので、彼女はコスチュームまで考えたのか?)

    コスチュームといい、周囲をはばからぬ大胆な位置取りといい、アッコらしいといえば、アッコらしい。
    なんだか、あれこれと思い起して、昔のアルバムを探ってみた。

    すると、こんな写真を発見。

    画像


    あのとき、カメラを構えていた彼女がシャッターを押したものに間違いない。
    隣でカメラを構えている男性のポジションまで同じだ。

    この写真の手前には、彼女がいる。
    この視線は、生母の視線なのだと思った。

    (当時、会場管理していた方、申し訳ありません。生母の反則的位置取りを、亡き母に代わってお詫びします。)
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    ウーマンラッシュアワーの「すごい漫才」

    2017/12/20 18:19
    小説でも、演劇でも、映画でも、「面白かった」という作品はいくらでもあるし、「感動した」という作品もある。

    そんな中で「記憶に残る」という作品には、なかなか出会うことは出来ない。「記憶に残る」かどうかは、時間の波に洗われた後でないと評価はできないが、先日、「記憶に残りそうな漫才」に出会った。

    お笑いは好きで、家のそばの吉本劇場(@大宮)にも、よく足を運ぶし、テレビでもチャンネルを合わせることが多い。
    稽古に稽古を重ねた末に、練り上げられた名人芸は魅力的だ。ボッと出の雛壇芸人の言葉とは比べ物にならない厚みを感じる。

    「ウーマンラッシュアワー」が「THE MANZAI」(12/17@フジテレビ)で行った漫才には、度肝を抜かれた。
    今まで、あまり気になっていた芸人さんではなかった(というか、むしろ嫌いな感じ)が、正直、驚いた。笑いの向く先が「強いもの」というのも、「そうだよね」という感じだ。「弱いもの」に向かう「笑い」は、最近のネタで言えば「大っ嫌い」である。

    僕にとっては、「記憶に残りそうな漫才」です。

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    マスクをして眠る

    2017/11/26 10:39
    急に寒くなりましたね。皆さん、風邪ひいていませんか。

    僕の風邪予防法は、「マスクをかけて寝る」です。乾燥しなくていいのですが、やはり、少々うっとうしいようで、朝、眼がさめると、だいたい顎の下に移動しています。いつのまにか、自分でずらしちゃうんでしょうね。

    今朝もずれていました。

    顎の下ではなく……目の上でした。

    これが、本当のアイマスク。



    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    「徒然草」と「翔んだカップル」

    2017/10/18 19:15
     高1で「徒然草」を扱うときに、好んで取り上げる章段が49段。(先日も取り扱いました)
     まあ、短く言えば「いつ死ぬか分からないんだから、今を精一杯生きろ」みたいな話。(兼好先生、短くまとめてごめんなさい)

     この章段を読むたびに、思い出すのが、高校生のときにはまった漫画『翔んだカップル』(柳沢きみお)だ。
     僕が高1のときに、主人公たちが高1。高2になったら高2。高3になったら高3。受験期まで完全にシンクロしていた。
     時期だけではない、勉強・進路・恋愛・受験……主人公たちの等身大の悩みが、自分になんともシンクロして、毎週、息を詰めて読んでいた。志望大学までほとんど同じだった。

     中でも強烈だったのが、登場人物の杉村秋美さんが、だらしない時間を過ごす主人公の勇介に言った一言。
    「私は、明日、死ぬと思って生きてるわよ」
     僕自身、将来への不安を抱えながら、あがきつつ、焦りつつ、それでも無為な日々を過ごしていたから、まるで自分が叱咤されたように感じて、忘れられない言葉となった。高校時代から、50代まで、ときどき思い出してきた言葉だ。

     数年前のこと、生徒向けに企画したキャリア教育の講演会で、この「明日、死ぬと思って生きる」というフレーズには、続きのフレーズがあることを知った。
     その会に講師としてお呼びした岩瀬大輔さん(ライフネット生命社長)が、会の最後に、後輩たちへのメッセージとして伝えた言葉が、
    「明日、死ぬと思って生きる。……永遠に生きると思って夢を見る」
     だった。
     
     数十年の時間を貫いて、自分が撃たれたようだった。
     岩瀬さんの高校時代に、僕は岩瀬さんの前の教壇に立っていた。巡り巡って、岩瀬さんから聞いたフレーズが、高校生のときの僕まで貫いた感じだった。

    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    続きを見る

    トップへ

    月別リンク

    榊邦彦's BOOKS

    画像
    『100万分の1の恋人』
    (新潮文庫)

    電子書籍にもなっています
    電子書籍『100万分の1の恋人』


    画像
    『もう、さよならは言わない』(新潮社)
    電子書籍にもなっています
    電子書籍『もう、さよならは言わない』


    画像
    『100万分の1の恋人』
    (新潮社)

    電子書籍にもなっています
    電子書籍『100万分の1の恋人』


    画像
    『現代文標準問題精講』
    (旺文社)


    画像
    『ミラクル古文単語396』
    (旺文社)

    電子書籍にもなっています
    電子書籍『ミラクル古文単語396』


    画像
    『超スゴ速古典文法50』
    (旺文社)

    電子書籍にもなっています
    電子書籍『超スゴ速古典文法50』


    画像
    『中学総合的研究国語』
    (旺文社 共著)


    画像
    『中学総合的研究国語問題集』
    (旺文社 共著)
    榊邦彦's Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる