アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「テレビ」のブログ記事

みんなの「テレビ」ブログ


不倫について

2017/09/12 21:44
 不倫は、当然、罪深い。パートナーと神聖に交わした約束への冒涜である。
 しかし、人間、誰も聖人君子ではないし、人の感情、異性に対する愛情は思うにならないことも多いだろう。
 誰しも、息が詰まるような思いで、食事が喉も通らないほどに、誰かを恋こがれたことはあるはずだ。年齢も立場も関係ない。何かのタイミングと、運命のいたずらで、切羽詰まった感情に、胸がいっぱいになることもあるだろう。

 繰り返すが、もちろん、不倫はよくない。パートナーに対する裏切りだ。パートナーを傷つけた十字架は、一生背負い続けなくてはならないし、その償いは誠心誠意しなくてはならないだろう。
 しかし、その償いは、パートナー(および、家族、もしくは不倫の相手の家族)に対して、精いっぱいなされるものであって、なぜ、世間に対して、自らの感情の奔流を、謝罪し、償わねばならないのか。
「好きになってはいけない人を好きになってしまい、どうしても気持ちをコントールできませんでした」
どうして、その感情を世間に謝らなくてはならないのか。そして、とんでもない犯罪者のように、社会的制裁を受けねばならないのか。

 もう一度、繰り返す。
 不倫はよくない。しかし、自分でも思うにならず、誰かを恋求めてしまったその感情を、赤の他人が、よってたかって糾弾する、その様子は、見ていて気持ちのよいものではない。
 切羽詰まった人間の恋の秘め事を、面白おかしくさらし者にする、それがマスコミの使命とはどうしても思えない。
(ちなみに、妻も同意見です。)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国会中継と吉原紹介

2017/07/24 20:30
本日、国会中継を生中継で見ました。
コマーシャルで遮られるのが嫌だったので、NHKテレビでの視聴です。

実は、国会中継同様に驚いてしまったのは、中継終了後、そのままNHKからチャンネルを変えずに見ていたところ、3時10分から始まった「TOKYOディープ」という番組です。
「ブラタモリ」風に、土地の歴史や文化を深掘りしていくモチーフなのですが、今回、取材されていたのは「吉原」でした。副題は「吉原エロおしゃれ土産」となっていました。

30分の番組内では、江戸時代に参勤交代の武士統制の役目を担ったところから始まり、戦時中の出征兵士の思い出作りの場としての役割やら、文化・芸術の発信地としての意義やらを、分析・紹介していました。現在の土地の様子も描かれていましたが、古風な味わいと人情の残った「江戸情緒を残した懐古的な街」として紹介されていました。そして現在、「吉原大好き女子」が、ポップな感覚で吉原を訪れているような様子も取り上げていました。
もちろん、それらを、否定するつもりは一切ありません。一面ではすべて真実かと思います。

現代文やら古文やら、あれこれ器用貧乏に渡り歩いている僕ですが、実は、専門は江戸文学です。遊郭の話やら遊女の話やら、そういった分野もあれこれ取り扱ってきました。
そんな中で思うこと、と同時に、物書きとしても思うことですが、文学・言葉というのは、なんとも曲者で、場合によっては本質の暗さを「隠蔽」してしまうことがあります。(意図したか意図しないかとかは問題ではなく、結果としての「隠蔽」)。江戸時代の「粋」という概念も、心底の欲望を体よく美化する装置としての役割もあると思います。
人間の欲望の薄暗さ、いたたまれなさ、やりきれなさ、残酷さ……それを、どこかに感じさせつつも、文章としての「粋な芸」に仕上げるというのは、たいへん難しい作業です。
下手をすれば、「美化」「隠蔽」に加担する文章になりかねません。

ということで、本日の「東京ディープ」ですが、そこで利用されていた「言葉」「文章」「映像」は、吉原の歴史や文化の発信地としての役割などを、大変よく語っていたと思います。しかし、一番、本質的な「性産業」としての意味合いについては、深く言及されることはなかったと思います。
戦時中の役割として、「必要悪」として語られる場面がわずかにありましたが、それも、親心(親が若くして出征する息子の女性経験の場として必要とした)の一つとして、語られていました。
吉原に長く住んでいらっしゃる女性の方が「自分自身、女性ですので、今から思うと、それはどうかとは思いますが」というようなコメントをつけていらっしゃいましたが、その思いを深く辿ることはできていたでしょうか。

夏休みです。
若い女子中学生や女子高校生が、「花魁って素敵」って、何もわからずに、あこがれるようなこともあるかと思います。

以前、「従軍慰安婦は、看護婦さんのような人だと思っていた。もしくは歌手とか役者さんとか」と勘違いしていた女性と話したことがあります。日常的に使われる「慰安旅行」というような言葉の延長で考えるなら、むしろ彼女の勘違いは当然なことです。

本日の番組からは、同様な、言語による「結果としての隠蔽」を感じました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本卓球女子団体、銅メダル!

2016/08/17 16:51
やりました!
日本卓球女子団体、銅メダル!
伊藤美誠の試合中、福原愛の応援ぶりは、姉というより、もはや、母親のようでした。
伊藤美誠のマッチ・ポイントの際、福原愛が石川佳純の手を握りましたね。
決まった際も、手を握ったまま、両手を挙げていました。ひたすら感動です。

「祈るしかなかった」「みんなに感謝している」
福原愛のインタビューも感動的でした。

なんか、頑張るぞーって感じになるなあ。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


福原愛さんとエッジボール

2016/08/16 22:02
福原愛さんが、リオ五輪で大活躍しつつ、しかし、大変惜しいところで惜敗している。

シングルスの三位決定戦では、キム・ソンイ(北朝鮮)に敗れた。
キム・ソンイは、3回戦で石川佳純を破った選手だ。
キム・ソンイの戦略について、福原愛は、石川佳純に尋ねることはしなかったという。
「チームメイトの傷をえぐるようで、尋ねることなどできなかった」
との言だ。

団体の準決勝でも、大接戦の上、ドイツに敗れた。
ダブルスを接戦を落とし、シングルスの五番でも大接戦を落とした、福原愛は、涙をこらえながら「すべて私の責任です」と語った。

シングルスの三位決定戦敗戦も、団体準決勝の敗戦も、最後はエッジボールという不運だった。
ネットインなどで点を取った際に、いつも、申し訳なさそうに手を挙げていた福原愛の様子を思うと、なんとも言葉に窮する結末だ。

今日、O社の編者のNさんと、福原愛について話した。

僕が、
「福原愛には。ぜひ、団体戦の銅メダルを取ってほしい」
と語ったところ、Nさんは、
「たぶん、銅メダルは取れない。けれど、福原愛は、メダル以上の多くのものを手に入れている。キム・ソンイ戦の前に、石川に戦略を尋ねなかったことも、団体準決勝敗戦の後のコメントも、すべて福原愛の人間力。それが人を惹きつける。彼女は、勝負には負けても、人生での豊かなものは、すでに手に入れている」
と語った。

 銅メダルを取れないという、Nさんの言葉には、反論したけれど、後半のNさんの言葉には、納得させられた。
 福原愛に惹かれる、その魅力は、福原愛そのものからにじみ出るもので、それは、彼女がメダリストであるかどうかとは関係ないものだ。彼女はその豊かなものを、すでに手に入れているのは間違いない。

 ……

 Nさんの言葉を聞きながら、僕達、オリンピックメダリストになる可能性のない者にとって、人生において心掛ける道を、何か感じさせられた思いがした。

 試合に勝つかどうかは、我々が「価値」として、最終的に目指すところではないだろう。「価値」として、目指したところで、為すことができるかどうか、それは努力とは正比例しない。
 しかし、その周辺、人生の時間の中での、さまざまな心遣い・心の持ちよう。
 それらは、もしかしたら、僕達でも目指すことが出来るものだ。

 それは、メダル以上の財産を、一皮ずつ積み重ね、作り上げていく。
 人柄や信頼は、もしかしたら、メダルよりも手に入れるのが難しいかもしれないが、一方で、誰でも目指すことのできる宝物でもある。

 ……

 さて、明日の女子卓球団体、三位決定戦。
 心が痛くて、見ることが出来ないかもしれないと思っていた。
 けれど、今は、余裕を持って(でも、多分無理)、応援しようと思う。
 勝とうが負けようが、メダル以上のものを、福原愛やほかの選手たちも手にしていると思って。

 それでも、正直、銅メダルは取ってほしいなあ。
 個人的には、福原愛で決めてほしい。
 最後はエッジボール。
 
 自身の三位決定戦でも、団体の準決勝でも、唇を噛んだ「エッジボール」で勝利して、しかし、大げさに喜ばない福原愛を見たい。(でも、やっぱり喜んじゃうよなあ。TVの前でも飛び跳ねそうだ。)

 がんばれ、福原愛。

 応援します。(Nさんの予言は外れます!)

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


その力の使い道

2014/07/27 20:23
 スマップの番組を見た。
 スマップは嫌いではないし、スマップの曲には心打たれるものも多いと思う。
 ただ、番組の作り方としては、疑問が多かった。
 特に、違和感があったのは、スマップ五人に一部屋でだらだらと話だけさせて、その間に視聴者に、
「この後、スマップに何が起こると面白いか」
 とアンケートを取る企画。
・机の脚が折れる。
・コーヒーポットから突然コーヒーがあふれる
・天井から大量のピンポン玉が降ってくる
・(四つ目は忘れた)
 の四択。
 デジタル放送の双方向システムのパワーは絶大で、僅か15分程度で、30万余りの投票があった。結果、「天井から大量のピンポン玉が降ってくる」が25万票程を集めて、一位になり、スマップの頭上から大量のピンポン玉が降り、笑いをとっていた。(数値は正確に覚えてはいませんが、まあ、だいたいこんなものだったかと。)
 企画自体の○○らしさは、まあさておき、アンケート結果が出たときの、アナウンサーの一言がなんとも。
「国民の総意は、『天井から大量のピンポン玉が降ってくる』となりました」
 ……うーん、そういうのって「国民の総意」っていうのか。
 少なくとも、僕は「総意」の一欠けらも成していないし。
 なにより、「国民の総意」って、もっと大切なときに使ってほしい言葉だと思うが。
 しかし、僅かな時間で、30万票を集める力はすごいとは思う。
 この力って、例えば、
「秘密保護法案の是非」とか、「集団的自衛権の是非」とか、そういうことには使えないのだろうか。
 結果はともかく。僕の立場もともかく。
 街角アンケートで、シール貼るより、エキサイティングではないかいな。
 でも、そういう企画は、何か、問題があるのかな。
 15分で30万票を集まる巨大パワー……ピンポン玉集めてないで、しっかりと使ってくれよ、おい。
 って思う一方で、もしかしたら、やっぱりくだらないことにだけ使う方がいいのかなとも、不意に思ったりする。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出川哲朗さんのポルシェ

2014/06/08 13:17
タレントの出川哲朗さんの出演しているテレビ番組を見た。

とあるコーナーで、中継先にある、出川さんの愛車ポルシェカブリオレ91年式が画面に映される。
スタジオにいる出川さんの見ている前で、中継先のポルシェのボディに電話番号を記したり、子供達にいたずら書きをさせたり、あげくの果てには、カブリオレをオープンにすると、車内に大型犬二匹を入れて、餌を食べさせていた。

出川さんが、新車で購入なさったものをずっと大切に乗り込んできたのか、中古でお買いになったものなのかは知らないが、きれいに掃除された総革張りの車内と、磨きこまれたボディが目に痛かった。

出川さんは、ほぼ僕と同年代。
ずばりスーパーカー世代で、ポルシェはあこがれの車だ。
正直、僕も、ポルシェのカブリオレは、30代の頃に最も欲しかった車の一つ。
結局、価格の問題と、子供達も載せられるフォードアの車ということで、現在のランチア・デルタを95年に買ったが、20年近くなった今も大切に乗っている。

なんだかなあ。
ああいうので、笑いを取るのって、とってもいやだ。
というか、笑えません。

番組の最後では、いたずら書きされて汚れたポルシェのボディと、ドッグフードが散らばった車内とが、これみよがしに映されていた。
司会者は「きれいにしてお返しします」と言っていたが……

マスコミとして何を伝えたいのか、意味が分からない。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ベルギーの言語について思う

2014/03/25 21:20
ベルギーの文化について紹介するTV番組を見た。

フランス語圏とオランダ語圏と〈少数ながらドイツ語圏〉が、共存するベルギー。
例えば、地下鉄の駅表示は、フランス語とオランダ語の併記。
しかも、ただの併記ではなく、
駅順に、

オランダ語・フランス語の順で併記
    ↓
フランス語・オランダ語の順で併記
    ↓
オランダ語・フランス語の順で併記
    ↓
フランス語・オランダ語の順で併記

    
というような、配慮(というか尊重)がされている!

国歌も、オランダ語版の歌詞とフランス語版の歌詞とドイツ語版の歌詞があるということだ。

オリンピックでは、優勝したベルギー選手の出身母語に合わせて、その母語のバージョンの国家が流れるという。
サッカーなどの団体競技では、インストロメンタルで歌詞抜き国歌が流れ、選手それぞれ、自分の母語で国歌を歌う。

知らなかったなあ……

まだまだ、たくさん知らないことはあるなあ(当然だけど……)

恥ずかしい限りです。
勉強になりました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


思わず熱くなってしまいました

2014/02/04 20:50
テレビで「お見合い大作戦」を、妻さんと見る。

今回は、女性参加者からの逆告白のパターンです。

お年頃の素敵な女性の方々が、必死な思いで、

好きになりました」とか、
大好きです」とか、

告白するのを聞くと、オジさんとしては、

ウオー
とか、
言ったー
とか、思わず叫んでしまいます。

しまいには、

熱くなってきた

と、セーターを脱いでしまった僕。

隣の妻さん、冷静な一言。

何も、夫さんが告白されているわけじゃないんだよ

 ……

まあ、たしかに。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妻さんと闘う

2013/12/07 19:01
テレビを見ていても、結構、妻さんとは意見が合うことが多いのですが、

先日は、めずらしくテレビの前で、闘いました。

亀田和毅vsイマヌエル・ナイジャラ(ナミビア)戦です。

妻さんは、亀田家三男の和毅を応援し、僕は、ナイジャラ応援。

テレビの前で、

「よしっ」「いけっ」と、声を上げる瞬間が真逆です。

不思議なリビングでした。

結果は、判定で妻さんの勝ち。 ……くやしいっす。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ダブル・フェイス」を観た

2012/12/23 19:30
WOWWOWで、「ダブル・フェイス」の後編を観ました。

前編は、TBSで観たのですが、あまりに面白くて、と同時に、あまりに終わり方が中途半端で後味が悪く、後編ですっきりしたいと思って、思わず、後編の放映されるWOWWOWを契約してしまったという顛末なのです。
見事に商戦略にはまってしまったのですが。(それでも、WOWOW、十分楽しんでいます。)

ということで、本日、WOWOW契約となった「ダブル・フェイス」の後編を観たのですが……

正直、作品の構成といい、人間の奥深さを感じさせる演技といい、クオリティは非常に高いと思いました。

しかし、あまりにドロドロとしていて、観ていて非常に気持ちが悪いのです。

「なんだかなあ、面白いけど、こういうの好きじゃないなあ」

ポツリと言うと、

「そんなこと言っているから、夫さんの小説にはいい人しか出てこないんだよ。それだけじゃ、売れないね」

と、妻さんからはびしりと言われる始末。

うーん、その言い分も分からないではない。

たしかに、この深み、凄み、暗さ……徹底的に突き詰めた感じには脱帽です。

しかし、しかしです。

何と言われようと、僕はこういう作品は書きたくない。
(妻さんに言われても!)

後編まで見終えて、やはり後味の悪さはより塗り重ねられてしまいました。

人生の美しさ、悲しみを越えた喜び、真っ暗やみの向こうでもかすかに見える光……

読み終えた後に、少しでも生きるエネルギーを感じてもらえる作品を僕は紡ぎたい。
もちろんストーリーとして、単純なハッピーエンドである必要はないんです。
人生、そんなハッピーエンドばかりではないし。

だいたい、僕の一番好きな小説は『人間失格』ですから。

それでも、人間の温かみをしっかり見つめて、その温かさが、どこか実を結ぶような可能性を感じさせるような作品を書いて生きたい。

「ダブル・フェイス」を観て、強く決心したのでありました。

でも、クオリティは間違いなく非常に高い作品です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
「ピカルの定理」がお気に入り
最近、とってもお気に入りのテレビ番組。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/04/25 20:59
Chariceからの七夕(7/7)プレゼント
昨日夜、日本テレビ水曜ドラマ「ブルドクター」(主演:江角マキコ)を観ました。 お目当ては、シャリースの歌うテーマソング「Far As The Sky」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 37 / コメント 0

2011/07/07 19:30
3B
計画停電のグループ分けが、5グループから、細分化されて、25グループになった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/27 23:43
妻さん、シャリースに対抗する!
夜、シャリースの出演した「徹子の部屋」の録画を、家族で視聴。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/16 19:21
CHARICE(シャリース)が、「徹子の部屋」に出演!
本日、CHARICE(シャリース)が、徹子の部屋に出演した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/16 14:02
CHARICE(シャリース)が、「徹子の部屋」に出演予定!
トーク番組の老舗中の老舗、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、シャリースが、出演する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 19:26
CHARICE(シャリース) at 「ザ・ベストハウス123」
シャリースが、「ザ・ベストハウス123」で取り上げられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 35 / コメント 9

2011/01/26 23:08
CHARICE(シャリース) at NHK 「SONGS」
シャリースが、本日のNHK「SONGS」で特集された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 35 / コメント 4

2011/01/19 23:51
ほんとに「モテしぐさ」?
朝の情報番組で、男性の「モテしぐさ」について、特集していた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/17 10:13
「Glee」その2
「Glee」のパフォーマンスのクオリティーには、感銘を受けたが、作劇法にも、日米の差をずいぶんと感じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/09 12:18
「Glee」観ました!
 妻さんが、今、話題の「Glee」のビデオを三本借りてきた。  「Glee」は全米で大人気の学園ドラマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 00:52
トイレの神様
魂のこもったものはいい。 上手いとか、綺麗とか、そういうものではなくて、魂のこもったもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 23:59
私はあなたの意見には反対だ。だが……
テレビの討論番組を見た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/29 23:00
神田さんウマイ
『秘密』を観ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/04 00:15
シートベルトを着用しましょう
最近はまっている 「同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/10 23:54

トップへ | みんなの「テレビ」ブログ

榊邦彦's BOOKS

   画像
   『100万分の1の恋人』
      (新潮文庫)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『100万分の1の恋人』


  画像
『もう、さよならは言わない』
      (新潮社)

電書書籍にもなっています電子書籍『もう、さよならは言わない』

   画像
   『100万分の1の恋人』
      (新潮社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『100万分の1の恋人』


   画像
  『現代文標準問題精講』
      (旺文社)


   画像
 『ミラクル古文単語396』
      (旺文社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『ミラクル古文単語396』


   画像
  『超スゴ速古典文法50』
      (旺文社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『超スゴ速古典文法50』


   画像
  『中学総合的研究国語』
     (旺文社 共著)


   画像
  『中学総合的研究国語問題集』
     (旺文社 共著)
榊邦彦's Official Blog テレビのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる