榊邦彦's Official Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 縦書きと横書き

<<   作成日時 : 2017/04/30 20:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

以下、思いっきり、短縮バージョンですが……

日本語は縦書きに向いているということを、ときどきお話することがあります。
書く場合や読む場合に応じて、いくつかの観点を話すのですが、その中の一つで、「人間の視野は横長であるので、横書きにした方が、速く読めるようにも思うが、表意文字中心の日本語は、縦書きで充分に情報が示されている。横書きにすると情報過多となる」ということを説明します。ただ、この観点、いつも感覚的には説明できても、具体的にぴたっと説明しきれていないような気がしていました。

26文字のレパートリーで、物事を表記する英語に比べて、漢字も含めれば無数の文字レパートリーを持つ日本語は、当然、平均的に少ない文字数で物事を表現できるはずです。そのことを、一つ、二つの例ではなく、恣意的選択に陥らずに、うまく平均的に見渡せるような例がないかなあと思っていたのですが……

つい最近、勤務校の運動会の組み分けで使われている「八つの色」というのに思い至りました。(いったい何年かかるんだ! 当然、日本語と英語の色が同じかどうかは疑問ですが、そのあたりは深入りせず、ひとまず、一対一対応ということにします。)

紫:purple 6文字
白:white 5文字
青:blue 4文字
緑:green 5文字
橙:orange 6文字
黄:yellow 6文字
赤:red 3文字
黒:black 5文字

ということで、上記を平均すると、日本語平均1文字に対して、英語平均5文字となります。
半角英数ということを考えあわせれば、日本語と英語とでは、同じことを表現するのに必要な横幅は、1対2.5となるわけです。つまり日本語を、英語同様に横書きにすると、英語の2.5倍の情報量が、視野の中に入るということになります。

また、日本語の文字は、縦横1対1ですから、例えば、日本語の「緑」を縦書きにした場合と、英語の「green」を横書きにした場合との、縦幅:横幅の比は、「縦1対横2.5」となるわけですね。実は、これ、ほぼ人間の視野の縦横比かと思われます。
(縦横比については、一説には、「水平約200度、垂直約125度」という報告もあるようですが、個人的には、映画のスクリーンが、需要と供給と経験から出来上がったいい比率なのではないかと思います。20世紀FOX開発の縦横比は、1対2.35です!)

ということで、こんな感じになるでしょうか?

他の観点は、またいずれ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

日ごろ全く感じていないことに
気づかさ、なるほど!という思いです。

私は還暦を過ぎた、
シニアの主婦でPC音痴でスタート。
必要に迫られてWordとメールは
何とか使えるようになりました。
すると次第に興味関心が湧き…
ネット検索で独学で設定を学び
ブログ開設から4年目を迎えました。

趣味で拙ブログで時おり詩を
載せているのですが。
やはり詩は縦書きでなければという
そんな想い入れが強いため
詩に関しては縦書き仕立ての
記事にしております。

まだまだ不勉強なことばかり。
皆さまのもとをお訪ねしては
参考になることが非常に多く
実り多いブログ生活を
送らせて頂いています。
興味深いお話に溜飲が下がりました。

拙ブログ
小枝
2017/05/01 00:26
小枝様 コメント有難うございます。
ブログ拝見しました。薔薇の花の舞う素敵なブログですね。
せっかくので、「縦書き横書き」ということについて、もう少々。
日本語の文字は「木」「本」「末」などのように、文字の差異を作るのに、「横棒」が有効に機能しています。「し・も」「さ・き」「は・ほ」なども同様です。一番、分かりやすいのは「一・二・三」ですね。この大切な横棒が、視野の中で、より目立つようにするためには、文字を縦にならべて、視線の流れに対して、横棒が抵抗になった方が良いわけです。
一方、英語の文字を考えると、「o」「b」「d」「p」「q」などは、縦棒の有無や位置で差異化していますし、「m」「n」や「v」「w」などは、縦棒の数の違いです。「T・U・V」などは、日本語と対比的で分かりやすいですね。以上、英語のアルファベットは、縦棒が重要ですから、当然、横に並べて、目の流れに抵抗となった方がいいわけです。(なんだか国語の授業みたいですみません……)
他にも、「書く場合」という観点もありますが、そろそろ長くなったので、このあたりで。
失礼しました・・・
榊邦彦
2017/05/03 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

榊邦彦's BOOKS

   画像
   『100万分の1の恋人』
      (新潮文庫)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『100万分の1の恋人』


  画像
『もう、さよならは言わない』
      (新潮社)

電書書籍にもなっています電子書籍『もう、さよならは言わない』

   画像
   『100万分の1の恋人』
      (新潮社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『100万分の1の恋人』


   画像
  『現代文標準問題精講』
      (旺文社)


   画像
 『ミラクル古文単語396』
      (旺文社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『ミラクル古文単語396』


   画像
  『超スゴ速古典文法50』
      (旺文社)

電子書籍にもなっています
  電子書籍『超スゴ速古典文法50』


   画像
  『中学総合的研究国語』
     (旺文社 共著)


   画像
  『中学総合的研究国語問題集』
     (旺文社 共著)
縦書きと横書き 榊邦彦's Official Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる